風邪と言う病気はない!

なんだか体がだるくて熱もある病院に行くと、風邪と診断されたことありませんか?

ですが、病院に行き診察してもらう時、目やのどを診たり、聴診器で心音や呼吸の音を聞いたりしていますよね。これは、風邪かどうかを診ているわけではないんだそうです。

実は、医師は風邪以外の病気ではないかを診ているんだそうです。体調が悪いと言って病院に来た患者さんの中には、風邪のほかの病気にかかっている人がたまにいるそうです。

たとえば、心音に異常があれば心不全だったり、リンパが張っていればガンにかかっている患者さんもいるそうです。

そのため、医師は命に関わる病気の可能性を診察で診て、一つ一つ潰していくのだそうです。そして、そうでないとザックリと風邪と判断しているそうです。

ですが、これもビックリなんですが、風邪という病名は無く、正式名は「風邪症候群」というそうです。

風邪とは、くしゃみなどして空気中や手についている風邪ウイルスが粘膜に付着して体内に浸入し感染してしまう事が原因。

ところが、その風邪ウイルスは200種類以上もあるのです。しかも、症状が同じなんだそうです。そのため、ザックリと風邪症候群と名前がつけられているそうです。

人間はなぜ毎年のように風邪をひくのか?

人間の体は、一度何かのウイルスに感染すると必ず免疫が出来ます。すると、再び同じウイルスが体内に入ってきてもその免疫がブロックして守ってくれるのです。

ですが、次の年に違うウイルスが体内に入ってきたら免疫が備わっていないので、その風邪ウイルスに感染して風邪をひいてしまっているんです。

つまり毎年風邪をひいている人は、毎年違う風邪ウイルスに感染しているのです。

風邪の正しい予防方法

まず最初に!うがいは風邪予防にはならないそうです。喉から風邪ウイルスが浸入した場合、約20分で体内に侵入してしまう風邪ウイルスもあるのです。

そのため、予防する為なら20分おきにうがいしないと効果がでないそうです。ですが、20分おきにうがいするなんて無理ですよね。また、うがいをしていても、のどの奥まで届いていない事がおおいそうです。

そこで、正しい風邪の予防方法は、しっかり手洗いを行う事。最低でも15秒以上はしっかり洗うことが大切。正しい洗い方を紹介します。

⑴石鹸をしっかり泡立てる
⑵手の甲、指の間を洗う
⑶爪の間を洗う
⑷もう一度、手のひから指の間を洗います。
⑸親指
⑹最後に手首を洗います。

さらに、マスクをすると風邪ウイルスか入ってこないように予防することができます。

脂肪肝を予防する食べ物ならレンコン!

慢性的な脂肪肝になると、糖尿病、肝硬変、肝臓がんのリスクが高くなってしまいます。肝臓に付いてしまう脂肪肝を予防するのにおススメの食べ物がレンコンです。

レンコンにはプロアントシアニジンと言う成分が含まれています。この少し難しい名前のプロアントシアニジンとは、レンコンに含まれているポリフェノールのことで栄養学会でも注目されている栄養素なんです。

プロアントシアニジンがどのように脂肪肝を予防するのか?

脂肪肝になってしまう元は、肝臓にある中性脂肪の脂肪酸が原因。プロアントシアニジンは、この脂肪酸が作られるのを邪魔して脂肪として蓄積するのを抑えてくれる働きをします。

佐賀県工業技術センターの研究によると、プロアントシアニジンを3週間食べる事によって肝臓にある中性脂肪の濃度が62%も減少したと言う結果に!この研究は、マウスを使った研究ですが、これから人間にも応用できると注目されているそうです。

レンコンを効果的に食べる方法

実はレンコンの捨てている皮の部分にプロアントシアニジンが豊富に含まれています。泥をしっかり落として、皮ごと食べるのがおススメ!

また、タウリンが豊富に含まれた食品を食べる事で肝臓機能が高まります。タウリンは消化吸収を助ける胆汁酸の分泌を促がします。胆汁酸はコレステロールが原料なので肝臓にコレステロールをためるのを抑えてくれるのです。

タウリンが豊富な食べ物
タウリンは、タコ、牡蠣、イカ、カツオ、ブリ、サザエ、アサリ、などの魚貝類に豊富に豊富に含まれています。

認知症予防に名医が毎日食べているものとは?

高齢化社会で問題になっている病気の一つが認知症。

認知症になった本人は分から分からないとは言え、家族にはなるべくなら迷惑はかけたく無いと誰もが願うことです。その為にも、認知症にならないように早くから予防はしておきたいものです。

医療の専門家はどんなことをして認知症を予防しているのか気になりますよね。

先日見ていた番組で、筑波大学名誉教授で厚生労働省の認知症研究班の代表も務めた朝田隆ドクターが、認知症予防の為に毎日食べているものを紹介していました。どんな食べ物だと思いますか?

実は、それはプロッコリなんです。

認知症を予防するためには、若々しい脳を保つことが大切です。それには、抗酸化作用が重要になります。

抗酸化作用があるものと言えば、赤ワインなどに入っているポリフェノールは良く知られていますが、認知症を予防する抗酸化作用がある栄養素がビタミンA・C・Eなんです。

ブロッコリーには、このビタミンA・C・Eが豊富にふくまれているのです。

そのビタミンをなるべく効率よく摂取するには、茹でないで電子レンジを使うのがおすすめです。ビタミンCは、水溶性なので茹でてしまうと水に溶け出してしまいます。

電子レンジを活用する事で有効成分が溶け出しにくくなり、しっかり有効成分を摂取する事が出来ます。朝田先生は1日100gを目安に毎日食べているそうです。

その他にも認知症を予防する食べ物があります。

魚・・・・・魚に含まれるDHAが脳細胞を活性化させます。

シソの油・・・・・アマニ油と並んでオメガ3不飽和脂肪酸が多く含まれ認知症予防に効果的です。

このような食材を意識して毎日取り入れる事で認知症を予防することにつながります。是非今日からはじめてみませんか。

ひじきごはんのレシピ

和食の小鉢料理に欠かせないひじき。ひじきは、葉の部分は、芽ひじき、小芽ひじき、米ひじき、枝の部分は長ひじき、茎ひじきと称され店頭にならんでいます。

栄養成分が豊富で、アルギニン酸、などの水溶性食物繊維が豊富。便秘症で悩んでいる方や、ダイエットにはおススメの食材です。

さらに、カルシウム、マグネシウム、鉄などの不足しがちなミネラル類が豊富なのが特徴。

また、ひじきは生の状態のときと、乾燥させた時とでは色が変わります。乾燥させた時ひじきは黒色になりますが、これはポリフェノルで黒くなるんですよ。

その為、乾燥させたひじきには抗酸化力の高いポリフェノールが豊富に入っています。生活習慣病や貧血の予防に常備して毎日食べるのがおすすめです。

今回は、おかずではなく、ひじきをごはんに入れた「ひじきごはんのレシピ」を紹介します。

【材料】
お米・・・3合(480g)
ひじき・・・12g
ニンジン・・・80g
油揚げ・・・20g
したらき・・・200g
薄口しょうゆ・・・20g
酒・・・45g
塩・・・4.5g
みつば・・・100g

【作り方】
➀ ひじきは水に浸けて戻しておく。
➁ お米を洗って水に浸しておきます。
➂ 油揚げは湯通しして油を抜き太めの千切りにします。
➃ にんじんは千切りにして、しらたきは熱湯であく抜きをして2㎝にカットします。
➄ お米に、醤油、酒、塩を入れて炊飯器の分量まで水を入れます。
➅ その中に、ひじき、ニンジン、油揚げ、しらたきなどの具材も入れて炊きます。
➆ 炊き上がったら、三つ葉をお好みの大きさに切ってのせて完成です。

肉の石川【冷凍メンチ】加熱してるのにO-157は生きていた!

テレビのニュースを見てビックリしました。

神奈川県の「肉の石川」が販売した冷凍メンチが原因で

食中毒患者が21人にも増えたというのですが、冷凍メンチは

食べる時に油で揚げるんだから、O-157は死滅するんじゃないんですか?

なんと8歳の男の子と女の子の2人が重症で入院しています。

子供のいる家では、冷凍食品を使うケースが多いと思いますが

こんな状況じゃ、怖くてとても買えません。

調査によると販売前の冷凍メンチと患者から検出されたO-157は同じもの。

肉の石川が、食品加工会社「タケフーズ」に製造を委託し

イトーヨーカドーなどで計2010個が販売されたそうです。

でも冷凍メンチカツで食中毒なんて、今まで聞いたことありますか?

ちょっと気になったので、色々調べてみるとO-157は比較的熱に弱いので

75℃1分以上の加熱をすれば死滅するということが分かりました。

問題の冷凍メンチは、揚げ物ですから、75度以上の過熱はしたはずです。

それなにの・・・なぜ?

どうも揚げ方に問題があったのではないか?という説もあります。

メンチなどの手を加えたひき肉料理の場合は、中心部まで火が通っていないと

O-157が生き残ってしまう可能性があるそうです。

東京都福祉保健局の実験では、O-157を混ぜた生ハンバーグをフライパンで焼いても

フタをしないと完全に死滅することなく生き残るO-157もいたそうです。

生き残ったO-157にとっては、ちょうど暮らしやすい温度になるため

かえってどんどん増えてしまう結果につながる。

つまり冷凍メンチのような揚げ物でも、油断せず、しっかり加熱することが必要。

油断できない世の中になりましたが、油断は大敵と心を引き締めました。

お子さんやお年寄りのいる家庭は、特に注意してくださいね。

腸内洗浄剤は辛かった!

大腸内視鏡検査の前日の夕食後は何も食べてはいけません。

検査当日は、腸内洗浄剤で腸の中をカラッポにするため

前日から消化の悪い食べ物など食べないように制限されるのです。

下剤みたいなものを飲むのかな~程度に軽く考えていました。

病院へ行くと個室に案内され、ソファーとテレビのある部屋で

2時間から3時間かけて腸内洗浄剤を飲むという話です。

個室には、トイレもあるので、排便を催したらすぐに出来るので安心です。

そこへ看護師さんが、腸内洗浄剤を持ってきました。

おいおい!そんなに飲むの?

なんと2リットルもあるじゃありませんか?

ビールと思えば。20分くらいで大ジョッキ3杯くらい飲めるんだから楽勝!

と思ったのですが、本当に考えが甘かった!

飲んでみるとポカリスエットみたいな味がする。

一気に飲まないで、少しづつ口に含んでゆっくり飲んでくださいね。

問題ないです。楽勝です。

ところが半分も飲まない内に、ギブアップ寸前に

いや~まずくて飲めたもんじゃありません。

一気に流し込むなら我慢できますが、ゆっくりなんて無理!

すると看護師さんが便はでましたか?出たら呼んでくださいね。と言った!

ふと気がつくと1時間が経過していた。

う~ん!中々減らないな!お!便意を催した!トイレじゃ!

すぐに看護師さんを呼ぶと「まだまだね」透明になるまで頑張ってね!

なんですと!これを飲んだら終わりじゃないの??

飲む量に関係なく便が水みたいに透明になれば検査を開始できるそう。

つまり2リットルで足りない場合は、追加で飲むことになるんだとか!

マジやばい!

はじめての大腸内視鏡検査

50歳を過ぎたあたりから体調が悪いんだよな。

最初は、胃のあたりに異変があった。

ご飯を食べると胃のあたりが膨らんでいるような違和感がある。

病院で診てもらっても、エコー検査やCT検査をしても異常がない。

困るよね。

でも膨らんだ個所を手で押してみるとガス(おなら)が出る。

もしかしてガスが溜まっているのか?

もう一度、病院に行ってみると消化器系の先生に触診してもたっら、

うん!ガスが溜まってるね。腸内環境が悪いかも?

念のために大腸内視鏡検査をしておこうか?

こうして検査の予約が決まった。