枝豆の期待されている働き

ビールと言えば枝豆!暑い夏には欠かせない定番コンビです。実はこの枝豆、女性にはうれしい美肌に働きかけてくれる栄養が豊富に詰まっています。ここでは、その枝豆の期待できる効果について紹介します。

枝豆の美容効果

■コラーゲン生成
お肌のシワやタルミの予防に、コラーゲンがたっぷり入っている食べ物やサプリメントを意識的に摂っている女性も多いかと思いますが、実は、コラーゲンだけ摂ってもコラーゲンを生成することはできません。

肌の弾力の土台となるコラーゲンは、たんぱく質が合成されて作られますが、その時にビタミンCが必要になります。つまりコラーゲン生成にはビタミンCが必要不可欠なんです。

効率よくコラーゲンを作る。それにはたんぱく質とビタミンCを一緒に摂ることが大切なんですね。

そこで登場するのが枝豆です!枝豆にはビタミンCとタンパク質が同時に摂れる嬉しい食材なんです。この2つが同時に摂れることが美肌に良い働きをしてくれます。

また、ビタミンCはメラニン色素を抑えてシミやそばかすを防ぐ働きにも期待されています。夏は枝豆を積極的に食べると良いですね。

■便秘解消に!
枝豆には食物繊維が豊富に含まれています。お通じを良くして腸内環境を整えるにも役立ちます。

■イソフラボンが豊富
枝豆には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので、女性特有の症状更年期障害や骨粗鬆症を予防するはたらきに期待されています。

■二日酔いに!
枝豆にはお酒を飲み過ぎて弱った肝臓を助けるオルニチンが豊富に含まれています。

枝豆を効果的に食べる調理方法

健康や美容維持に枝豆をなるべく食べるようにすると良いですが、実は、ビタミンCやオルニチンは水に流れ出る特徴を持っています。長時間水さらすと成分が抜けだしてしまいます。

枝豆を茹でて食べるとビタミンCやオルニチンの栄養が溶け出てしまい減少してしまうので、しっかり摂取する調理方法をご紹介します。

少ない水で調理できるフライパンを使って蒸す調理方法がおススメです。

フライパンにコップ1杯の水を入れて約5分位蒸して食べましょう。

蒸して50℃~70℃の熱を加えることでうま味成分が分解され、うま味と栄養が凝縮されて美味しく食べる事が出来ます。

電子レンジだと高温になり過ぎてうま味成分が分解されにくくなるのでフライパンで蒸す方がおススメです。