納豆は食べ方で栄養が半減してしまう

納豆は、血栓を分解してくれたり予防してくれる働きに近年注目されています。

その栄養素は、ネバネバの部分に含まれるナットウキナーゼという酵素による働きなんですが、酵素は、熱に弱い性質なので、炊き立てのアツアツご飯の上にのせてしまうとナットウキナーゼ酵素が死滅してしまいます。

ナットウキナーゼ酵素は、70℃で死滅してしまうので、ご飯を少し冷ましてから納豆をのせるといいですね。ご飯の温度が43℃~48℃が一番おいしく感じるそうです。

また、ナットウキナーゼは胃酸に弱い性質も持っています。その対策として、納豆を良くかき混ぜましょう。

納豆を良く混ぜると、糸で出来た白いモコモコが出てきます。それは糖ダンパク質でそれを増やすことで、食べた時に胃酸からナットウキナーゼを守る役割をしてくれるそうです。