疲れた時にオススメ!えのきを使った作り置きできるエノキダケとニンニクの特製ダレレシピ

ここではえのきを使った作り置きできる「エノキダケとニンニクの特製ダレ」の作り方を紹介しています。

【材料】
・エノキタケ(1株・200g)
・すりおろしニンニク(5g)
・長ネギ(50g)
・砂糖(小さじ1)
・ごま油(大さじ1)
・醤油(大さじ3)

【作り方】

  1. エノキタケを細かく切ります。
  2. 切ったエノキタケを耐熱ボウルに入れて、ラップをかけて電子レンジで600ワットで2分間加熱します。
  3. 取り出して、そこに砂糖(小さじ1)、醤油(大さじ3)、長ネギのみじん切り、すりおろしニンニクを入れます。
  4. フライパンにごま油を入れて約1分間加熱します。
  5. 熱した熱々ごま油を、先ほどのエノキ、ニンニク、ネギにかけます。

このタレを、ご飯、お餅、蒸し鶏、豆腐、餃子など色んな食べもにかけて食べると美味しいです。

保存容器で冷蔵保存すれば、5日ほど食べられます。

エノキダケは、疲れた時に糖質一緒に食べると良いそうです。

良く甘いものを食べると良いと言われています。実は、甘い物食べてもエネルギーに変える為に必要になる成分がビタミンB1です。

ビタミンB1は糖分がエネルギーに変えるのを助けるので疲労回復、また、ダイエットにも必要となる栄養素なんです。

この、ビタミンB1は、キノコの中でもエノキダケに多く含まれているんです。

疲れたと思った時、この特製ダレをご飯などの糖質と一緒に食べるといいですね。