舞茸とゴボウが一緒に摂れて保存できる簡単きんぴらレシピ

健康食材と言われているキノコですが、カラダの免疫を高めるなら、舞茸がオススメ!

舞茸には、免疫力を高めるのに必要なαグルカンがキノコの中で一番豊富に含まれています。

さらに、舞茸に含まれているαグルカンはインフルエンザの予防にも役立つと言われています。

また、ゴボウと一緒に食べると、ゴボウに含まれているイヌリンが含まれていてαグルカンと一緒に摂ることで免疫細胞の働きをより活性化してくれるのです。

舞茸とゴボウのきんぴらレシピ

【材料】
舞茸2パック・200g
ごぼう1本
醤油大さじ2杯
みりん大さじ2杯
油適量
【作り方】

  1. 皮ごとごぼうを斜めに薄切りします
  2. 水にさらしてさっとアクを抜きます。
  3. 舞茸は手で裂きます。
  4. フライパンに油をしいて
  5. アク抜きしたゴボウを入れて中火で2分ほど炒めます
  6. 次に舞茸を入れて約30秒間炒めます。
  7. 水大さじ2杯入れて蒸し焼きする
  8. 醤油大さじ2杯、みりん大さじ2杯、水大さじ2杯入れて水分が無くなったら完成!

冷蔵保存で5日ほど食べられます。

ご飯のおかずにも良くあいますがバターを加えてパスタにしても美味しいそうです。