肉の石川【冷凍メンチ】加熱してるのにO-157は生きていた!

テレビのニュースを見てビックリしました。

神奈川県の「肉の石川」が販売した冷凍メンチが原因で

食中毒患者が21人にも増えたというのですが、冷凍メンチは

食べる時に油で揚げるんだから、O-157は死滅するんじゃないんですか?

なんと8歳の男の子と女の子の2人が重症で入院しています。

子供のいる家では、冷凍食品を使うケースが多いと思いますが

こんな状況じゃ、怖くてとても買えません。

調査によると販売前の冷凍メンチと患者から検出されたO-157は同じもの。

肉の石川が、食品加工会社「タケフーズ」に製造を委託し

イトーヨーカドーなどで計2010個が販売されたそうです。

でも冷凍メンチカツで食中毒なんて、今まで聞いたことありますか?

ちょっと気になったので、色々調べてみるとO-157は比較的熱に弱いので

75℃1分以上の加熱をすれば死滅するということが分かりました。

問題の冷凍メンチは、揚げ物ですから、75度以上の過熱はしたはずです。

それなにの・・・なぜ?

どうも揚げ方に問題があったのではないか?という説もあります。

メンチなどの手を加えたひき肉料理の場合は、中心部まで火が通っていないと

O-157が生き残ってしまう可能性があるそうです。

東京都福祉保健局の実験では、O-157を混ぜた生ハンバーグをフライパンで焼いても

フタをしないと完全に死滅することなく生き残るO-157もいたそうです。

生き残ったO-157にとっては、ちょうど暮らしやすい温度になるため

かえってどんどん増えてしまう結果につながる。

つまり冷凍メンチのような揚げ物でも、油断せず、しっかり加熱することが必要。

油断できない世の中になりましたが、油断は大敵と心を引き締めました。

お子さんやお年寄りのいる家庭は、特に注意してくださいね。