ほうれん草の栄養と期待されている効果

今回は、ほうれん草に含まれている栄養について。私の世代はほうれん草はを食べるとパーワーアップし最強になる!と言ったイメージが人気アニメのポパイでインプットされていますが、芝大門いまづクリニック院長の今津 嘉宏先生が番組に出演された時、そのほうれん草の栄養価の高さについて話していましたのでまとめました。

■ビタミンCが豊富!
ほうれん草には、ビタミンCが豊富に含まれています。効果的にほうれん草のビタミンCを摂りたければ、ほうれん草が一番栄養が豊富な時期である2月に収穫されたほうれん草を食べると良いそうです。
2月に収穫されたほうれん草は、夏に収穫されるほうれん草と比べるとビタミンCの量はなんと3倍もなるんだそうです。

ビタミンCは、抗酸化作用が高い成分として良く知られています。細胞の酸化を予防してくれる頼もしい成分です。美容効果にも期待されています。ビタミンCはカラダの中で溜めておくことができないので、効率よく摂取する方法は、なるべくこまめに食べるようにしましょう。

■ビタミンAECが摂れる
また、ほうれん草にはビタミンCだけではなく、ビタミンA、ビタミンEも含まれています。

・ビタミンA・・・粘膜を丈夫にしてウイルスの侵入を防ぐ
・ビタミンC・・・免疫力を強化してウイルスを撃退
・ビタミンE・・・全身の血行を良くして抵抗力を高める

これらの、ビタミンを摂取することで相乗効果が得られ風邪予防に効果的。ビタミンAとビタミンEは油と相性が良く吸収力がアップしますので炒め物の料理をたくさん食べて風邪を撃退しましょう!

■葉酸が豊富
「葉酸」という名前は、ほうれん草の葉っぱに豊富に含まれていることから葉酸と名前がつけられたと言われているほど、ほうれん草には葉酸が豊富です。

葉酸は、細胞の再生やDNAの合成に深く関わっている事はよくしられています。

そのほかにも、この葉酸は認知症予防に効果があることがアメリカのカリフォルニア大学の研究で分かったそうです。1日に葉酸を400ug摂取した人とあまり摂取しない人を比べてみると、毎日葉酸を摂取した人の方が認知症になるリスクを55%低下させる事が出来ると発表。

ただし、葉酸は熱に弱いと言う弱点があり、茹でると量が半分に減ってしまいますので、あまり栄養素を減らさないように電子レンジを活用するのがおススメだと今津先生。

①水洗いしたほうれん草をビニール袋に入れる。
②500Wの電子レンジで1分半位加熱する
③取り出して、水で軽く洗えばOK!

■ルテインが豊富
ほうれん草には、紫外線やブルーライトから目を守ってくれるルテインが豊富に含まれています。

実は、ルテインは加齢とともに減少してしまうのですね。しかも、ルテインは、自分からだでつくることができないので、食べ物などから摂取する必要があります。

ほうれん草は、ブロッコリ、葉レタス、芽キャベツ、トウモロコシなどの他の野菜と比べても、ルテインが豊富に含まれているそうです。

また、このルテインと言う成分は、葉酸と違い熱に強いので加熱しても炒めてもOKなんだそうです。そこで、今津先生がおススメなのが、ほうれん草としょうが炒め!ショウガがカラダを温めて風邪予防に期待が高いそうです。

関連情報

体に良い食材を探して食べるのは、健康に欠かせないものです。わたしも時間があれば食材を買い求めて自炊しています。しかし仕事が忙しい時は電子レンジで暖めて食べられる冷凍弁当を活用しています。意外なことに冷凍弁当は栄養バランスが凄く良いって知ってますか?僕が使っている食事宅配サービスは食宅便です。

プチトマトとミニトマトの違い

そういえば、小さいトマトの事を「プチトマト」とか「ミニトマト」って呼んでいますが、この違いはご存知ですか?

情報番組「この差ってなんですか?」でこの違いについて放送していました。

基本的に品種が違う

ミニトマトが小さなトマトの総称で、一般的に言われているミニトマトは重さ10~20g程度の小さなトマトの事。現在50種類ほどあるそうです。プチトマトは、そのミニトマトの一つの品種名です。

タキイ種苗と言う種のメーカーが小さなトマトの種「プチトマト」と名前を付けて種を販売したところ、高度経済成長期の後で、団地やマンションに住む人が増加しベランダで栽培できるプチトマトに人気が爆発。

その後、多くの品種のミニトマトが栽培されるようになり、美味しいミニトマトが次々に出荷されるようになったそうです。

実は、プチトマトの品種は、平成10年に販売が終了されているんです。ですが、小さなトマトの人気の火付け役となったプチトマト、現在も小さななトマトを呼ぶときにプチトマトと呼んでいる人が多いんです。

ミニトマトの色の違いで栄養は違うのか

現在50種類以上あるミニトマトですが、赤い色をした物だけではなく、黄色や緑色のミニトマトもあります。色の違いによって含まれている栄養成分も違います。

  • 赤いミニトマト・・・抗酸化成分のリコピンが豊富。
  • 黄色のミニトマト・・・ポリフェノールの一種ルチンが豊富。動脈硬化を予防し血管を強化する作用に期待できる
  • オレンジ色のミニトマト・・・βカロテンが豊富。免疫力をアップする効果に期待できる。
  • 緑色のミニトマト・・・クロロフィルが豊富でデットクス作用に期待できる

甘いミニトマトの見分け方はヘタがしおれている方が甘い。

収穫したばかりだとヘタが立っていて鮮度がります。徐々にヘタがしおれてきますが、すると糖分がつくられて熟されていきます。

家で保存する時は風通しを良くして少し時間を置いてヘタがしおれてから食べると甘さが増して美味しくいただけます。

ただし、そのまま放置しすぎると乾燥してきてしまうので注意してください。

また、鮮度を保つ保存方法は、タッパなどの容器に水を入れて、そこにミニトマトを入れ冷蔵庫で保存すると乾燥を防ぐことができます。

『この差って何ですか!?』で放送された100歳以上の長寿が食べている健康食材をランキング

TV番組『この差って何ですか!?』では、お茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二先生をむかえて、100歳以上のご長寿が1週間で3日以上食べている食材を食べている健康食材をランキングにして紹介しました。白澤先生の解説と一緒に放送した内容を紹介します。

第1位 豚肉
第2位 豆腐
第3位 鶏肉
第4位 鮭
第5位 キャベツ
第6位 納豆
第7位 ヨーグルト
第8位 リンゴ
第9位 サバ
第10位 梅干し

1位になったお肉ですが、お肉と言えば牛肉が好きで良く食べる人も多いかとおもいますが、実は牛肉と豚肉には栄養学的に違いがあります。特に豚肉にはビタミンBが牛肉よりも10倍高いそうです。その量はビタミンBを含んでいる食材の中でもトップクラス!

ビタミンBは、脳の代謝に必要な栄養なので認知機能を保つ為には豚肉は役立つ食材なんだそうです。また、高齢者になると体力や免疫力が低下しがちになります。病気を予防するためにも高齢になるほど良質なたんぱく質摂る事はとても大切なんだそうです。

4位の鮭には、アスタキサンチンと言う色素成分が含まれています。アスタキサンチンは抗酸化作用が高く、同じように抗酸化作用があるビタミンCの約6000倍も高いと言われています。動脈硬化や糖尿病を予防し老化防止効果に期待されています。

また、5位になったキャベツですが、アメリカ国立がん研究所によると、キャベツには抗酸化力が高いビタミンCが豊富なのでガン細胞を抑制する効果やウイルスを撃退して肺炎の予防につながると発表。

キャベツには、老化を抑制するファイトケミカルと言う注目の栄養素がふくまれていますが、みそ汁などに入れて煮ることで吸収されやすくなります。高齢になると栄養が吸収されにくくなるので、味噌汁などに入れて煮て食べるのがオススメだそうです。

番組では、毎日欠かず飲んでいる飲み物のベスト5も紹介。以下の通りです

第1位 温かい緑茶
第2位 牛乳
第3位 水
第4位 コーヒー
第5位 ヤクルト

人気の酵素ドリンクベジーデル酵素液の人気の理由

ベジーデル酵素液の効果

酵素ドリンクをプチ断食をする時に活用することで、胃腸の活動を休め今まで体内で溜まっていた毒素や老廃物を排出し大掃除ができ内蔵機能は正常化され、消化・吸収機能がアップし食べた食物の栄養分を体の隅々まで吸収できるようになる働きに期待されています。

「全く食べないでカラダに栄養を入れないダイエット」は代謝が悪くなり、かえってリバウンドしやすく、太りやすい体になってしまうと言われていますが、それは、栄養を全く摂取しないでいると、体が少しのエネルギーでも体を維持することができるようになり代謝が悪くなってしまうからだと言う説もあります。

しかし、ベジーデル酵素液は106種類の野菜、果物、キノコ、海草を発酵熟成させた濃厚エキスです食事の代わりに摂取すると、栄養が体の中に吸収され、代謝を落とすことなく体脂肪をエネルギーに代えダイエットを成功へと導いてくれるんですね。

断食をしながら栄養のバランスをキープしてくれるので貧血を起こす事も無く健康的にやせることができ、効果も早く空腹感が無かったので我慢しないで実践できたそうです。モデルさんの間でも、無理がなく実践できる人気のダイエットなんだとか。

ベジーデル酵素液3つの特徴

■ 伝統ある醸造技術
ベジーデル酵素液は、天保元年(1830年)創業の老舗の酒造メーカーが、はじめは、蔵人達の健康を守るため、野菜・果実・穀・海草・山野草などを原料に酒蔵に生息する特殊な酵母菌を用いて酵素を醸成したのが始まりです。その製法は、昔ながらの製法を用いて、発酵に1年、熟成に1年、さらに追熟に1年以上の歳月をかけて一滴の水も使わず、発酵作用の水分たけで丹念に作り上げています。

■ 仕込みは沖縄産の黒砂糖
酵素の培養に砂糖は不可欠。一般には白砂糖が用いられますが、特殊上体質を陰性化させる作用があります。その点、黒砂糖は、ミネラル、ビタミン、酵素などがたくさん含まれています。

■ 106種類の良質の植物を原料使用
野菜・果実・野草・海草等、100種類以上に及ぶ厳選された植物原料を使用。しかも、細かくきざむことなく丸ごと漬け込む製法。栄養価が高い。

ベジーデル酵素液を飲んだ方の感想には、ダイエットだけではなく、元気が出てきたとか、お肌の調子も良くなったなどの感想もあります。※個人の感想です。効能・効果を保証するものではありません。

毎日の食事で栄養を取っても、酵素が不足していると体の中できちんと働きません。酵素があって初めて栄養エネルギーに変えることができるので、健康的で若々しい生活のためにも、酵素を摂るのはおススメです。

トマトのリコピンの期待されている2つの効果

現在、トマトの健康に関する研究がさまざまな所で行われていて研究が進んでいるそうです。その中でも、私たちが良く知られているのがトマトの赤い色素の成分『リコピン』の働きです。

私達人間は、酸素を吸って生きています。それによって老化していきますが、その老化の一番の原因が酸化物質です。リコピンはその酸化を防ぐ働きをする抗酸化作用がとても高いことが分かっています。

リコピンが持っている抗酸化作用の量ですが、同じように抗酸化作用を持っている事で若返りのビタミンと言われているビタミンEのなんと100倍だという研究報告もあるんですよ。

また、トマト製品でおなじみのカゴメ株式会社では、リコピンの効果を徹底調査を行っており、抗酸化作用のほかにも期待できる効果が分かってきたそうです。

その一つが、リコピンは善玉コレステロールを増やす!
血液中にある悪玉コレステロールを取り除く働きをしているのが善玉コレステロールです。その働きによって動脈硬化を予防してくれると言われています。

二つ目骨を健康にする!
さらに、カゴメでは、トマトのリコピンが骨の健康に役立つのではないかと分かってきているそうです。

骨の健康効果はまだ研究段階なので詳しい事はこれからさらに研究を進めると分かってくるかと思いますが、古い骨から新しい骨に変わる代謝バランスを調節する働きがリコピンにはあり、それによって骨の状態を良くするのではないかと現在研究を行っているそうです。

リコピンを効果的に摂取するには、トマトケチャップを活用するのがおすすめです!トマトケチャップ大さじ2杯でトマト1個分のリコピンを摂取することができます。

また、リコピンとうま味が凝縮されているので、塩コショウの代わりに使うと減塩にもつながります。

美味しいトマトの見分け方ですが、ハリがありヘタが緑色していてピンとしているトマトや形がきれいで丸くてずっしりした重さがあるのが美味しいんだとか。

トマトは夏のトマトが美味しいと言われていますが、生育期間が長い冬のトマトも味が濃くなり美味しいとも言われています。と言う事は、1年中を通してトマトは美味しく食べられると言う事ですね。

【豆知識】
TVなどメディアでも活躍されている経済評論家の森永卓郎さんはトマト製品の大手カゴメ株式会社の株主なんだそうです。

その森永さんの話によると、カゴメ株式会社は最も株主優待で成功した企業と言われていているそうです。その理由は、株主の9割が個人株主なんだそうです。おおくの株主がカゴメの製品が大好きなファンが株を買っているそうです。

カゴメの株主になると、半年に一回カゴメ製品のセットが送られてきて、森永さんも、これが、生活に組み込まれているので株主が辞められないと言っていました。そんなファンが多く株を手放さないので、会社を乗っ取ろうとしても乗っ取ることができないんだそうです。凄い会社ですね。