「VEGERY(ベジリー)」なら九州産の野菜が1時間で届けてもらえる!

激減する野菜農家の救世主「VEGERY(ベジリー)」ってごぞんじですか?

農林水産省のデータによると、主に農業を行って生計を立てている人の平均年齢は、なんと67歳。しかも、65歳以上の人が64.6%になっているそうです。【出典:農林業センサス報告書2015年】

2005年頃から2015年の10年間で野菜農家の数は26%も急激に減り、このままだと日本の野菜自給率が大きく下がってしまう危機的状況なんだそうです。

野菜農家が減少してしまう最大の原因は、流通コストがかかりすぎて農家の利益が少ない事。通常での野菜の流通コストは7割と言われているそうです。

農業は自然を相手に仕事をしています。特に近年は異常気象で台風や大雨などの影響を受けて作物が被害を受けることも多くなりました。

そんな状況なのに、流通コストに7割かかるのでは、農業をやる人も少なくなってしまうのは頷けます。

そんな危機的状況に歯止めをかけるべく、野菜の流通コストを下げる新しい流通システムをはじめた会社があります。生鮮食品のデリバリー企業「VEGERY(ベジリー)」です。

VEGERY(ベジリー)は市場を通さないで、直接自分たちで農家から仕入れをして消費者である私たちに野菜を自宅に届けてくれるシステム。これによって流通コストを3分の1のコストに下げる事が出来るのだそうです。

VEGERY(ベジリー)と契約されている野菜農家の方の話によると、自分の言い値で野菜を買ってもらえるので、売り上げが上昇して助かると話していました。また、珍しい野菜は認知度が低いせいで、一般市場では流通しにくかったそうです。

さらに、VEGERY(ベジリー)の場合は注文をもっらた数量だけ栽培すればいいので、無駄な野菜ロスを作らずに済んでいるのだそうです。

VEGERY(ベジリー)でのメリットは消費者にもあります。主に東京都内に住んでいる方ですが、注文してから1時間で野菜が届くサービスを行っています。

忙しくても野菜にはこだわりがあり、安心、安全な野菜を日常的に使いたいと言う方に口コミで広がり人気なんだそうです。

社長は平林聡一郎さん。年齢がなんと26歳!とても若いんです。宮崎県生まれで、宮崎産の旬の新鮮な野菜を東京の人に食べてもらいたいという思いで始めたそうです。

九州産の旬の野菜で出来るだけ肥料を抑えた減農薬農法の野菜を取り扱っているそうです。

ちなみに カラダが元気になる体に良い食べ物や食べ方を整理した専門サイト『イーティングノート@カラダに良い食べ物』で解りやすく解説されています。

マンモグラフィによる乳がん検診の費用を知りたい!

【質問内容】
乳がん検診には、マンモグラフィと乳腺エコー検査があると聞きましたが、どちらの検査もメリットとデメリットがあるため両方を受診することが望ましいと知りました。私は経済的にも苦しいため、マンモグラフィによる乳がん検診を受けたいと考えていますが、単体で受診した場合の費用を教えていただけませんか?

【回答】
乳がん検診は、マンモグラフィと乳腺エコーが一般的な検査方法で、検査費用の相場は、マンモグラフィが4,000円~8,000円、乳腺エコーが3,000円~6,000円で両方受診しても7,000円~12,000円程度です。

その他にもMRIを使った乳房検査もあります。これはMRIによって小さな癌も発見できるのですが、受診料は比較的高額で安いところで4万円前後、全身の癌チェックも同時に行うと20万円前後もかかることがあります。

質問内容では、マンモグラフィの費用を知りたいということですが、一般的な相場では4,000円~8,000円となっているものの。マンモグラフィ単体の乳がん検診を行っている病院は限られるようです。

マンモグラフィによる乳がん検診と子宮がん検診など女性特有の病気を検査する婦人科検診になると2万円~5万円、また人間ドックとセットになったレディースドックでは、4万円から8万ほどかかるようです。

いずれにしても病院ごとに実施している検査プランが違いますので、病院ごとに調べてみる必要があります。このような時に便利なサイトが乳がんを専門に紹介している乳がん検診おすすめ病院ナビです。コチラのサイトでは、マンモグラフィの費用一覧と乳腺エコーの費用一覧が紹介されているので病院ごとの費用の違いを比較することができます。

自分の住んでいる近くで受診したいのか?通勤途中に受診したいのか?昼休みを利用して会社の近くで受診したいのか?を決めて、その地区を指定すれば、周辺の病院のリストとマンモグラフィ検査の費用を調べることができますので参考にしてください。

腸内洗浄剤は辛かった!

大腸内視鏡検査の前日の夕食後は何も食べてはいけません。

検査当日は、腸内洗浄剤で腸の中をカラッポにするため

前日から消化の悪い食べ物など食べないように制限されるのです。

下剤みたいなものを飲むのかな~程度に軽く考えていました。

病院へ行くと個室に案内され、ソファーとテレビのある部屋で

2時間から3時間かけて腸内洗浄剤を飲むという話です。

個室には、トイレもあるので、排便を催したらすぐに出来るので安心です。

そこへ看護師さんが、腸内洗浄剤を持ってきました。

おいおい!そんなに飲むの?

なんと2リットルもあるじゃありませんか?

ビールと思えば。20分くらいで大ジョッキ3杯くらい飲めるんだから楽勝!

と思ったのですが、本当に考えが甘かった!

飲んでみるとポカリスエットみたいな味がする。

一気に飲まないで、少しづつ口に含んでゆっくり飲んでくださいね。

問題ないです。楽勝です。

ところが半分も飲まない内に、ギブアップ寸前に

いや~まずくて飲めたもんじゃありません。

一気に流し込むなら我慢できますが、ゆっくりなんて無理!

すると看護師さんが便はでましたか?出たら呼んでくださいね。と言った!

ふと気がつくと1時間が経過していた。

う~ん!中々減らないな!お!便意を催した!トイレじゃ!

すぐに看護師さんを呼ぶと「まだまだね」透明になるまで頑張ってね!

なんですと!これを飲んだら終わりじゃないの??

飲む量に関係なく便が水みたいに透明になれば検査を開始できるそう。

つまり2リットルで足りない場合は、追加で飲むことになるんだとか!

マジやばい!

はじめての大腸内視鏡検査

50歳を過ぎたあたりから体調が悪いんだよな。

最初は、胃のあたりに異変があった。

ご飯を食べると胃のあたりが膨らんでいるような違和感がある。

病院で診てもらっても、エコー検査やCT検査をしても異常がない。

困るよね。

でも膨らんだ個所を手で押してみるとガス(おなら)が出る。

もしかしてガスが溜まっているのか?

もう一度、病院に行ってみると消化器系の先生に触診してもたっら、

うん!ガスが溜まってるね。腸内環境が悪いかも?

念のために大腸内視鏡検査をしておこうか?

こうして検査の予約が決まった。