夏にも血栓ができやすい夏血栓の予防対策

夏血栓(なつけっせん)と言う病名をご存知でしょうか?

夏の病気で気をつけなければならないと言えば熱中症です。 熱中症は皆さんも注意して水分補給したりして対策をされているかと思いますが、その熱中症よりも危険なのが「夏血栓」です。

あまり聞いたことのない病名ですが、冬に多いといわれている脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が夏血栓とは、どんな病気なのでしょうか?ここでは夏血栓の症状や対処法についてまとめました。

1.夏血栓とは♪
夏血栓とは、夏に起こる血管内に血の塊ができる症状です。夏になると汗が沢山出ることで血液の水分量が減りドロドロになります。この脱水状態が原因で血液中でタンパク質やコレステロールがかたまった血栓ができやすくなります。特に気温が32度を超すと夏血栓ができやすくなります。

このように猛暑が続く夏にできる血栓のことを夏血栓といいますが、悪化すると命にかかわる大変な病気になってしまう危険性が高くなってしまいます。できた血栓が血管の中を流れて脳の血管に詰まってしまうと脳梗塞。血栓が心臓の血管に詰まると心筋梗塞です。

またパソコンなどの仕事で長時間座ったままで足を動かさないのも足に血液が留まってしまい血栓ができやすくなります。その血栓が肺に飛んでエコノミークラス症候群の原因にもなります。32度以上の猛暑だけでなく夏血栓は、室内にいても発症する危険性がある怖い病気です。

2.夏血栓の症状について♪

夏血栓の症状は、めまい、吐き気、頭痛、呼吸困難など、熱中症と同じような症状があらわれます。夏に体調を崩した場合は、熱中症を疑いう事が多いと思いますが、なかなか気がつかないのが夏血栓の症状です。ですから体調に異常を感じたら迷わず病院で診察を受けることです。

心筋梗塞は、吐き気や激痛が伴いますので緊急性があります。また脳梗塞の場合は、顔の歪み、言語障害、手や足のシビレなど症状が現われます。これらの症状が起きても脳の血管に詰まった血栓が取れると短時間で症状がなくなりますが、数年以内に本格的な脳梗塞になる確率が高いと言われています。 いずれにしても夏血栓の症状を感じたら診察を受けることをお勧めします。

3.夏血栓の予防法について♪
夏血栓の予防法は、危険ラインの気温の目安が32度と考えて、しっかり水分補給をすることです。二時間ごとにコップ半分位の水分を飲むことが効果的です。 特におすすめなのが麦茶。麦茶はミネラルも豊富なので水分と一緒にミネラルも摂ることができます。 さらに玉ねぎや納豆など血液をサラサラにするように働きかける食材を食事にとりいれるのも重要なポイントです。

また意外な食べ物が夏血栓の予防に役立つそうです。それはチョコレート。 チョコレートに含まれているポリフェノールの一種であるエピカテキンという物質が血管の収縮をつかさどる血管の内側の細胞『血管内皮細』にしみこみ活性化され血圧の上昇を抑える働きをします。

チョコレートは近年の研究で血圧を下げる働きがある事が分かり注目されていますが、チョコレートの種類はカカオの含有量が多いダークチョコレートが医学的に効果があると証明されています。 チョコレートはカロリーが高いのでくれぐれも食べ過ぎには注意してください。

4.夏血栓のまとめ♪
気温が32度を超える日が続き夏血栓の危険性が高まっているのがお解かりいただけましたか?最後に夏血栓や熱中症を予防するもう一つの方法をお伝えします。

夏血栓も熱中症も水分補給が欠かせませんが、一時的に水分を摂取しても全てが体に吸収される訳じゃないそうです。実は、体の中で水分を保存しているのは筋肉です。筋肉量が多い人は、水分を保存する量も多いというデータが公表されています。

逆に筋肉量が少ない人は、体内に水分を保存できる量が少ないため、摂取した水分が汗や尿で排出されていまい水分不足になりやすいのです。つまり普段からの筋肉トレーニングも体内の水分維持には欠かせない方法と言われています。

小まめな水分補給は勿論ですが、時間がある時は筋トレも行って夏血栓や熱中症を予防しましょう。



低糖質の食事ならナッシュの宅配弁当がおすすめ!

実は最近、ナッシュの宅配弁当を食べ始めました。血糖値が高いので食事で糖質の摂取を控えるのが目的です。低糖質専門のナッシュは臨床試験で食事の効果を実証しているのでそれを参考にして決めたのです。

食べ始めるキッカケは・・・人間ドックです。

会社の健康診断で数値が悪かったので、2日人間ドックに行ってきました。

この機会に徹底的に悪いところを発見して、悪くならないようにしたいと思ったからです。

血液検査では、とくに注意が必要なの糖尿病だったからです。

血糖値が正常範囲よりも少し高いレベルだったのですが、肝臓や腎臓の数値が悪かった!

これは糖尿病の初期症状にとても似ていて、数値だけで判断するのでは手遅れになると

早めに警告してくれたという訳です。

それで2日間の人間ドックを受診したのですが、似たような結果が出てしまいました。

癌や腫瘍など大きな病気は発見されなかったものの、やはり糖尿病のリスクが高いので

今すぐにでも食事療法に取り組むように指摘されました。

そこで、別室に案内されと美人の管理栄養士さんが待っていました。

まずはヒアリングで、1週間の間に食べたものをリストアップします。

ハッキリと覚えていませんが、管理栄養士さんの誘導が凄いんです。

その日は、何をしたか?仕事でどこへ行ったか?

だれと一緒にいたか?何を食べたか?というように誘導尋問されると

1週間前に食べたものを次々と思い出します。こうして1時間ほどかけてリストを作ると

次は栄養士さんが、1つ1つ駄目出しをしながら、改善方法を教えてくれます。

それが細かいこと!ご飯の量から、食べ方までメチャメチャ細かいのです。

お弁当の場合は、揚げ物の衣をはがして食べましょう・・・嘘ですよね?

ところが急に口調が厳しくなります。

あなたの場合は、完全に糖尿病です。こんな食生活を続けていたら、

1年以内にインスリン注射が必要になる確率が高いんですよ?

このままでいいんですか?

もしインスリン注射が必要になったら、もう糖尿病から抜け出せなくなります。

今なら、まだ間に合うかも?いやいや遅いくらいです。

しっかりと自分がおかれた状況を理解して取り組んでくださいね。と叱られました。

家に帰ってからネットで調べると確かに管理栄養士の言う通りでした。

でも実際に何を食べていいか?

料理もしない僕には想像を超えた話なのです。

でも糖尿病なったら大変ですからね!

しっかりと食事を改善したいと思います。

そこで発見したのがナッシュという食事宅配サービスです。

夏バテや熱中症の新原因うつ熱とは

夏バテや熱中症の新しい原因であまり知られていない原因があります。それが「うつ熱」。

うつ熱はカラダに熱がこもった状態で体温が異常に上昇し熱中症になる前の段階で予備軍だと、そのためぼーっとしたり、体がだるいと言った症状がおきます。このうつ熱が長時間続くとさらに体温が上昇し熱中症の危険性があるのです。

愛知医科大学 生理学講座講師の西村直記先生がテレビ番組に出演して話していました。

どうして熱がカラダにこもってしまうのか?

大きな原因として考えられるのは汗のかき方だそうです。

汗をかくと言うのは体温調節のために行われています。貴重な血液から水分をもらって汗を出し蒸発して体温を下げて体温調節を行い健康を維持する大切な機能です。

ですが、あまり良くない汗のかきかたがあります。それは汗が出ない人です。汗が出ないとドンドン体温が上昇してしまいうつ熱になりやすくなると考えられるそうです。

汗をかかない人の汗の成分を調べてみると、良く汗をかく人の汗と比較すると、汗をあまりかかない人の汗には塩分が多く含まれているそうです。つまり塩分も体から失うのでより熱中症のリスクが高くなってしまうのです。

うつ熱の原因

汗腺の機能低下が考えられます。

人間のカラダにはなんと、200万個以上の汗腺があります。体温が上昇すると汗腺は、まず血液中から塩分だけを吸いあげます。すると塩分に引き寄せられて水分が充満します。これが汗となるのですが、この時、汗腺は塩分を再び血液中に戻しているのです。そのため、汗はほぼ水だけとなってカラダの外に出ます。

ところが、汗腺機能が低下している場合は、塩分を吸い上げる働きや塩分を血液に戻す働きが低下してしまうので、汗があまり作られなく、作られた少量の汗は塩分が多く濃い汗になってしまいます。

この塩分の濃い汗は、蒸発しにくく熱を放出しにくいそうです。そのため、熱中症になりやすいと考えられています。

夏暑いからと言って、1日中冷房を使い冷やした部屋に長時間いると、汗腺機能が低下したままになり、汗を十分に作り出せないカラダになってしまうのです。

また、運動をしないと、筋肉を動かさないので熱が作られないので、汗腺機能低下の原因の一つになります。汗の原料となる、水分の摂取が少ないのも汗をかかないもう一つの原因となります。

うつ熱にならない対策

1日の中で少しの時間でも暑さを感じる事が大切になります。

暑いからと言って、1日中冷房をかけている部屋から、外にが外出しないと危険!冷房は熱中症予防には必要ですが、買い物などで外出して暑さを感じることも大切だと先生は話していました。

汗をかかないと言う人におすすめなのが半身浴です。

半身浴は、からだの上半身が空気中に出ているので汗が蒸発しやすく汗をかきやすいそうです。

お湯の温度は38℃から39℃のお湯に半身浴で30分浸かりましょう。 ※温度は夏の場合の温度です。

■豆知識
顔から汗が出ると化粧が崩れてしまったりしていやですよね。

顔から汗を出さない方法があります。脇から胸を圧迫すると上半身からの汗が抑えられ、下半身から汗がたくさん出るようになるそうです。実践してみてください。

首や肩の痛みを改善する方法

頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックが原因で首や肩の痛みがある場合は、その原因となっている頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを根本的に改善しない限り何度でも痛みを再発してしまいます。しかし、これまでの常識としては、頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックは完治することがなく、症状の進行を抑えながら、生涯ずっと向き合っていくしかないと言われていました。

そして、多くの医者が、頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックの治療をする際に、鎮痛剤などで痛みを抑える薬物治療、首を引っ張って伸ばす牽引治療、患部を温める温熱療法や、最悪の場合、手術を行なうなど様々な治療を行ないますが、ただ痛みの症状を一時的に取り除くだけの対症療法でしかなく、頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックそのものを治せるわけではないのです。また、手術の場合は、麻痺などの後遺症が残ってしまう危険性もあります。

しかし、頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックは、自宅で出来る簡単なストレッチで痛みの大本の原因を取り除くことができるのです。しかも、とても簡単な方法なので、病院へ通院することなく、自宅で短時間で実践できるので、ちょっとした時間の合間でも行なえるようになっています。もちろん、薬や手術も必要としないので、高額な費用を用意する必要もありません。

わずか1日5分のエクササイズを約1~3週間続けるだけで首や肩の痛みを改善するストレッチです。それが、徳永英光先生が考案した頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック改善プログラムです。

あるステップに従って1日わずか5分のエクササイズを続けることで、遅くても3週間後には頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックが改善されていきます。ざっと見てみると、実際に行なうことは、最初に、今使ってない筋肉を動かしていき、次に、首以外の体のある部分を動かして、本来の動きに戻してあげた後、最後に、バランスの取れた体に調整していくという3つのステップを踏むだけです。

そして、この3つのステップの詳細はと言うと、まずは、頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックの改善ポイントを確認します。例えば、ストレートネックの改善方法を知ってしまえば、ほんの1分もあれば改善できてしまいます。加えて、体の傾きや捻れ、腰の曲げ方など、首に負担のかからないバランスの取れた姿勢に戻すエクササイズも行なっていきます。その中には、重度の五十肩が治らずに悩んでいた患者さんが、わずか2週間という短期間で五十肩を改善させることができた、肩の骨を元の位置に戻すエクササイズや、首につながる背骨を支えている骨盤と首に負担のかかる猫背を矯正するエクササイズなどがあります。

他にも、病院で行なわれている治療で用いられている薬を1週間でやめる方法、同じ牽引法でも、病院の牽引治療よりも効果的なエクササイズもあるので、今行なっているあまり効果の期待できない、無駄にお金が掛かる治療法をする必要はなくなります。あとは、改善後のアフターケアも必要です。この改善プログラムのアフターケアのプログラムに従って、改善後にエクササイズを続けていくことで再発することはなくなります。また、頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック特有の3つの姿勢をタイプ別に分けて解説していますし、自分できる姿勢のチェック法など、今後の再発しないために予防できるようになっています。

手の握力が戻り趣味のギターがまた弾けるようになりました!

昔から肩や首はよくこる方だったので、日頃、肩や首が痛み出してもいつものことだと思い、何も気にせずに、そのまま放置し続けていました。でも、ある日、いつものように肩と首のこりで痛みが現れた時、同時に、手がしびれるようなったんです。初めてのことだったので、最初は少しビックリしましたが、いつものように気にしないでいました。

すると、数日後、趣味でやっているギターを弾いている時に、徐々に手の握力が落ちてきたんです。さすがにこれはおかしいと思い、病院に行って診てもらうと、頚椎ヘルニアと診断されたんです。思うように好きなギターが弾けなくなるだけでなく、日常生活もままならない状態になってしまい、次第に自暴自棄になっていきました。そんな私の様子を見て、私の両親が徳永先生の改善プログラムを探してくれたんです。

プログラムを実践してみると、かなり姿勢が曲がっていたことに気付き、エクササイズによって正しい姿勢に戻すことができました。その結果、肩と首がこることがなくなるにつれて、少しずつ手の握力も元に戻ってきたんです。嬉しいことに、今ではもうすっかり手の握力が戻り、以前のように、趣味のギターがまた弾けるようになりました!

夜ぐっすり眠れるようになりました!

自分でも姿勢が悪く、いつも猫背になっていることに気付いてはいましたが、まさかこの姿勢の悪さが肩のこりと関係しているとは思ってもいませんでした。ここ数年間、肩のこりと首のこりで悩んできましたが、最近では、夜眠ろうとするといつも激痛で眠れなくなるんです。それに、仕事をしていても首と肩の痛みを感じるので、とても集中できるような状態ではなかったんです。

ですから、仕事が休みの日に病院の整形外科に行って、きちんと検査してもらうことにしました。検査の結果は、ストレートネックというものでした。とにかく、1日でも早く治したかったので、病院以外にも、あれこれと治療法を探していると、ストレートネックが治せる徳永先生の治療法に出会いました。プログラム自体は、とても簡単なものばかりだったので、仕事が忙しい私でも続けることができました。

そして、2週間が経過した頃には、猫背が改善されて、正常な姿勢へと変化していったんです。その後、驚いたことにストレートネックが改善されると、自然と首と肩の痛みも解消され、夜ぐっすり眠れるようになりました!今後、また首や肩の痛みがぶりかえさないように、このプログラムを続けていくつもりです。

痛風の原因・対策

■痛風とは
結晶化した尿酸が脚の関節などに溜まり、赤かく腫れ歩くと足や関節に激痛が起こる病気です。

なりやすい人は、健康診断の際の血液検査で尿酸値が7.0mg/dl以上になると高尿酸血症と診断され、痛風になりやすいと言われています。

■痛風の原因
その尿酸はプリン体といわれる物質が原料です。プリン体は、新陳代謝に使われる大切な成分です。

ですが、プリン体の多い、ビールや魚卵に多く食べることで痛風が発症すると言われていましたが、実は、食べ物だけがプリン体を増やす要因ではないそうです。

食事でプリン体が増えるのは、体内にあるプリン体の三分の一だけで、残りは、カラダの中でプリン体が作られるのです。

食生活が豊かになるとなりやすく、30代以上の男性の3人に1人が痛風予備軍だと言われています。現代人は誰でもが発症する可能性があります。

■症状
痛風の体験者の話によると、大型トレーラーに常に足をひかれた感じの激痛に襲われると言う人もいます。

また、痛み止めを飲んでも、直ぐに薬の効果が出ない人も多いので数日間激痛で辛い思いをする人もいます。

■対策
プリン体が多く含まれている食べ物は食べ過ぎない事が大切ですが、その他にも、アルカリ性の食品を食べると良いそうです。

痛風の元凶である尿酸の多くは尿から排出されています。尿酸はアルカリ性の液体に溶けやすい性質があるので、尿をアルカリ性に傾ける事で多くの尿酸が溶けやすく排出される。

アルカリ性の食材は、こんにやく、野菜、海藻類などになります。

また、牛乳に含まれるガゼインと言うタンパク質も尿酸の尿からの排出を助けてくれるそうです。

47150人を12年間追跡調査したところ、1日1杯の牛乳で痛風発症率が43%減少したと言う研究データーがあるそうです。

牛乳はカロリーが高いので飲み過ぎに注意が必要。オススメは低脂肪の牛乳がいいそうです。

ちなみにお酒の飲み過ぎは尿酸値を高める可能性があるそうなので飲み過ぎには注意したいですね。