トマトのリコピンの期待されている2つの効果

現在、トマトの健康に関する研究がさまざまな所で行われていて研究が進んでいるそうです。その中でも、私たちが良く知られているのがトマトの赤い色素の成分『リコピン』の働きです。

私達人間は、酸素を吸って生きています。それによって老化していきますが、その老化の一番の原因が酸化物質です。リコピンはその酸化を防ぐ働きをする抗酸化作用がとても高いことが分かっています。

リコピンが持っている抗酸化作用の量ですが、同じように抗酸化作用を持っている事で若返りのビタミンと言われているビタミンEのなんと100倍だという研究報告もあるんですよ。

また、トマト製品でおなじみのカゴメ株式会社では、リコピンの効果を徹底調査を行っており、抗酸化作用のほかにも期待できる効果が分かってきたそうです。

その一つが、リコピンは善玉コレステロールを増やす!
血液中にある悪玉コレステロールを取り除く働きをしているのが善玉コレステロールです。その働きによって動脈硬化を予防してくれると言われています。

二つ目骨を健康にする!
さらに、カゴメでは、トマトのリコピンが骨の健康に役立つのではないかと分かってきているそうです。

骨の健康効果はまだ研究段階なので詳しい事はこれからさらに研究を進めると分かってくるかと思いますが、古い骨から新しい骨に変わる代謝バランスを調節する働きがリコピンにはあり、それによって骨の状態を良くするのではないかと現在研究を行っているそうです。

リコピンを効果的に摂取するには、トマトケチャップを活用するのがおすすめです!トマトケチャップ大さじ2杯でトマト1個分のリコピンを摂取することができます。

また、リコピンとうま味が凝縮されているので、塩コショウの代わりに使うと減塩にもつながります。

美味しいトマトの見分け方ですが、ハリがありヘタが緑色していてピンとしているトマトや形がきれいで丸くてずっしりした重さがあるのが美味しいんだとか。

トマトは夏のトマトが美味しいと言われていますが、生育期間が長い冬のトマトも味が濃くなり美味しいとも言われています。と言う事は、1年中を通してトマトは美味しく食べられると言う事ですね。

【豆知識】
TVなどメディアでも活躍されている経済評論家の森永卓郎さんはトマト製品の大手カゴメ株式会社の株主なんだそうです。

その森永さんの話によると、カゴメ株式会社は最も株主優待で成功した企業と言われていているそうです。その理由は、株主の9割が個人株主なんだそうです。おおくの株主がカゴメの製品が大好きなファンが株を買っているそうです。

カゴメの株主になると、半年に一回カゴメ製品のセットが送られてきて、森永さんも、これが、生活に組み込まれているので株主が辞められないと言っていました。そんなファンが多く株を手放さないので、会社を乗っ取ろうとしても乗っ取ることができないんだそうです。凄い会社ですね。