逆流性食道炎やびらん性胃炎など胃のトラブルの原因

・胸やけ
・膨満感
・胃もたれ
・胃痛
・食欲の低下
・吐き気
など、胃の不調は老若男女年齢問わず誰にでも起こる健康トラブル。

肝臓は沈黙の臓器と良く言われていますが、胃にも別名があって”おしゃべりな臓器”と言われているそうです。
これは、胃は不調があると症状で訴えることが多い、と言う事なんだそうです。

それだけ胃の不調を感じている人は多いんです。この胃の不調は胃酸や胃の動きが関係している事が多く、例えば逆流性食道炎やびらん性胃炎などは胃酸が原因と考えられています。

逆流性食道炎の原因

胃と食道を繋いでいる所には下部食道括約筋があります。下部食道括約筋は食事中は食べ物を胃に入れるために開いていますが普段は胃酸の逆流を防ぐために閉じられています。

ですが、脂肪が多い油っぽい食べ物は消化しにくく胃に負担がかかってしまいます。すると、十二指腸から消化を手助けするために脂肪を分解するコレシストキニンと言うホルモンが分泌されます。

このホルモンが分泌されると、胃酸の逆流を防いでいた下部食道括約筋の圧力が下がってしまい胃酸が逆流してしまうのです。

さらに、逆流性食道炎になりやすい人に多いのが姿勢の悪さなんだそうです。机上でのパソコンの仕事で前屈みの姿勢をとると腹圧が上がり胃を圧迫して胃酸が逆流しやすくなるのです。

逆流性食道炎の人の食道の中を内視鏡で見ると、食道の毛細血管が出血しているようなヘマチンと言われている症状があるそうです。これは食道が胃酸によってつけられた傷あとなんだそうです。

胃酸は、金属も溶かすほどの強い酸性です。胃酸が存在している胃の壁は粘液や胃粘液に守られています。しかし、食道に存在している胃粘液は酸に弱いのです。そのため胃酸が食道まで逆流してしまい食道が荒れてしまうのです。

びらん性胃炎の原因

そして、胃の底が胃酸で粘膜が荒れてしまっている状態、これはびらん性胃炎に多い症状。このびらん性胃炎は、お酒を良く飲む人に多い病気なんです。

胃酸は、食べ物を消化するために使われるために胃から分泌されているので食べ物がある時は胃を傷つけません。

ですが、問題は空腹時です。特にアルコールは胃酸の分泌を促してしまいます。さらに、アルコールは胃粘膜を直接傷つけてしまいます。特に空腹時にその痛みを刺激して痛み引き起こしてしまうのです。

逆流性食道炎やびらん性胃炎を予防

胃を守っているのは胃粘液です。その主な成分はムチンです。山芋、里芋、レンコンなどに含まれているネバネバのもとにムチンが多く含まれています。食事で山芋、里芋、レンコンを食べてムチンを摂取することで胃の粘膜を保護する働きがあります。

さらにおすすめの成分がビタミンUです。ビタミンUはキャベツやブロッコリに多く含まれていて、傷ついた胃粘膜を修復を促進してくれます。ですが、その時の注意点があります。ビタミンUは水に溶けやすいので茹でないで蒸すようにしましょう。

また、人間は誰でも年齢と共に胃の機能は低下して働きが悪くなったり、消化能力が低下してしまいます。その対策として、食べ物を良くを噛んで食べること唾液の分泌を促すことが大切になります。唾液は、消化を助けたり、胃酸を中和させて胃の粘膜の傷を修復する働きもあります。

【唾液を増やす運動】
口を閉じて、舌を歯と口の間に入れて4回~5回まわしましょう。また耳の下にある唾液腺をマッサージして刺激を与えると唾液が分泌されます。

ストレスが胃のトラブルの原因

人間はストレスを感じると交感神経が優位の状態になります。すると胃の機能が低下してしまうのです。

胃は、食べ物が入ってくると、消化のために蠕動運動を行ったり胃酸を分泌したりして消化のためにさまざまな働きをします。

しかし、ストレスが原因で胃の機能が低下すると、その動きが鈍くなるため、食べ物が溜められなくなったり、消化に時間がかかるようになってしまいます。その結果、胃もたれや量が食べれない膨満感と言った症状があらわれてしまいます。

さらに、その状態が進むと機能性ディスペプシアと言う病気になってしまうことがあるそうです。

【機能性ディスペプシアとは?】
2013年に診断名として認められた新しい病名で消化不全と言う意味。検査をしても胃に異常がなく症状だけがある状態で、多くはストレスが原因だと考えられています。日本人の5~6人がかかっていると言われている病気。

■機能性ディスペプシアの診断基準
・みぞおちの痛み・灼熱感
・食後の辛い胃もたれ
・すぐにお腹がいっぱい
・胃に病気の原因が見当たらない

ストレスで胃が痛くなる場合、原因が分からないことも多くストレスがさらにストレスを生んでしまいます。病院に行ってドクターと話すだけでも不安が消えてストレスが解消され胃の状態が改善されてきた人もいるそうです。

12月11日は『胃に良い日』なんだそうです。12月11日の胃に良い日に一年一回、自分胃の状態を知るために検査をしてみるのも良いかも知れませんね。

【TV番組ゲンキの時間(2116年12月11日放送) 中村麻十番クリニック 中村光康院長の解説をまとめています。】