通風予防するにはプリン体摂らないようにすると本当にいいの?

プリン体の摂取などが原因で尿酸値が高くなり発症すると言われている通風。現在、その通風は予備軍も含めると約500万人もいると言われているそうです。

特に近年は、食生活が和食から欧米化の食事に変化している事もあり、男性だけではなく女性も多くなっているんだそうです。もう他人事とは言っていられません。

そこで、尿酸値の数値が気になる人は、数値を高くしないようにするためにプリン体が多く含まれている食品は摂らないようにしている気を付けている人もいるかと思いますが、これは、本当に医学的にみても正確な情報なんでしょうか?

そんな疑問に、テレビ番組 『今夜解決!噂の健康術 名医のTHE太鼓判!』で医師が答えていましたので紹介します。尿酸値お数値が気になる方は参考にしてくださいね。

内科医の森田豊先生の話では、尿酸値が食事の影響で上昇するのは2割程度だと現在は考えられているのだそうです。大切なのは食事などで摂取した尿酸をいかに効果的に排出できるのかが重要な事なんだと話します。そのためには、適度に体を動かして運動したり、水分を多めに摂取する事のほうが大切だと言います。

つぎに消化器内科の大竹真一郎先生の意見、実際に食事やアルコールのプリン体の摂取を減らしても、ほとんど尿酸値は下がらないと言う研究データーがあるそうです。以前は、プリン体を多く含む食べ物を食べている人が尿酸値が高くなると考えられていましたが、今は食べ過ぎや飲みすぎが尿酸値を高めると考えられていて、牛乳とかヨーグルトなどの乳製品のたんぱく質が尿酸の排泄を促がし尿酸値を下げると考えられているのだそうです。

また、産婦人科の丸田佳奈先生は、女性の場合、女性ホルモンが尿酸の排泄を促がす働きをしているので、40歳位までは通風になりにくいと言われていますが、更年期を過ぎると女性ホルモンの分泌量は男性とあまり変わらなくなるので、50歳を過ぎたら注意が必要になると話していました。
osuuc