枝豆の期待されている働き

ビールと言えば枝豆!暑い夏には欠かせない定番コンビです。実はこの枝豆、女性にはうれしい美肌に働きかけてくれる栄養が豊富に詰まっています。ここでは、その枝豆の期待できる効果について紹介します。

枝豆の美容効果

■コラーゲン生成
お肌のシワやタルミの予防に、コラーゲンがたっぷり入っている食べ物やサプリメントを意識的に摂っている女性も多いかと思いますが、実は、コラーゲンだけ摂ってもコラーゲンを生成することはできません。

肌の弾力の土台となるコラーゲンは、たんぱく質が合成されて作られますが、その時にビタミンCが必要になります。つまりコラーゲン生成にはビタミンCが必要不可欠なんです。

効率よくコラーゲンを作る。それにはたんぱく質とビタミンCを一緒に摂ることが大切なんですね。

そこで登場するのが枝豆です!枝豆にはビタミンCとタンパク質が同時に摂れる嬉しい食材なんです。この2つが同時に摂れることが美肌に良い働きをしてくれます。

また、ビタミンCはメラニン色素を抑えてシミやそばかすを防ぐ働きにも期待されています。夏は枝豆を積極的に食べると良いですね。

■便秘解消に!
枝豆には食物繊維が豊富に含まれています。お通じを良くして腸内環境を整えるにも役立ちます。

■イソフラボンが豊富
枝豆には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので、女性特有の症状更年期障害や骨粗鬆症を予防するはたらきに期待されています。

■二日酔いに!
枝豆にはお酒を飲み過ぎて弱った肝臓を助けるオルニチンが豊富に含まれています。

枝豆を効果的に食べる調理方法

健康や美容維持に枝豆をなるべく食べるようにすると良いですが、実は、ビタミンCやオルニチンは水に流れ出る特徴を持っています。長時間水さらすと成分が抜けだしてしまいます。

枝豆を茹でて食べるとビタミンCやオルニチンの栄養が溶け出てしまい減少してしまうので、しっかり摂取する調理方法をご紹介します。

少ない水で調理できるフライパンを使って蒸す調理方法がおススメです。

フライパンにコップ1杯の水を入れて約5分位蒸して食べましょう。

蒸して50℃~70℃の熱を加えることでうま味成分が分解され、うま味と栄養が凝縮されて美味しく食べる事が出来ます。

電子レンジだと高温になり過ぎてうま味成分が分解されにくくなるのでフライパンで蒸す方がおススメです。

夏にも血栓ができやすい夏血栓の予防対策

夏血栓(なつけっせん)と言う病名をご存知でしょうか?

夏の病気で気をつけなければならないと言えば熱中症です。 熱中症は皆さんも注意して水分補給したりして対策をされているかと思いますが、その熱中症よりも危険なのが「夏血栓」です。

あまり聞いたことのない病名ですが、冬に多いといわれている脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が夏血栓とは、どんな病気なのでしょうか?ここでは夏血栓の症状や対処法についてまとめました。

1.夏血栓とは♪
夏血栓とは、夏に起こる血管内に血の塊ができる症状です。夏になると汗が沢山出ることで血液の水分量が減りドロドロになります。この脱水状態が原因で血液中でタンパク質やコレステロールがかたまった血栓ができやすくなります。特に気温が32度を超すと夏血栓ができやすくなります。

このように猛暑が続く夏にできる血栓のことを夏血栓といいますが、悪化すると命にかかわる大変な病気になってしまう危険性が高くなってしまいます。できた血栓が血管の中を流れて脳の血管に詰まってしまうと脳梗塞。血栓が心臓の血管に詰まると心筋梗塞です。

またパソコンなどの仕事で長時間座ったままで足を動かさないのも足に血液が留まってしまい血栓ができやすくなります。その血栓が肺に飛んでエコノミークラス症候群の原因にもなります。32度以上の猛暑だけでなく夏血栓は、室内にいても発症する危険性がある怖い病気です。

2.夏血栓の症状について♪

夏血栓の症状は、めまい、吐き気、頭痛、呼吸困難など、熱中症と同じような症状があらわれます。夏に体調を崩した場合は、熱中症を疑いう事が多いと思いますが、なかなか気がつかないのが夏血栓の症状です。ですから体調に異常を感じたら迷わず病院で診察を受けることです。

心筋梗塞は、吐き気や激痛が伴いますので緊急性があります。また脳梗塞の場合は、顔の歪み、言語障害、手や足のシビレなど症状が現われます。これらの症状が起きても脳の血管に詰まった血栓が取れると短時間で症状がなくなりますが、数年以内に本格的な脳梗塞になる確率が高いと言われています。 いずれにしても夏血栓の症状を感じたら診察を受けることをお勧めします。

3.夏血栓の予防法について♪
夏血栓の予防法は、危険ラインの気温の目安が32度と考えて、しっかり水分補給をすることです。二時間ごとにコップ半分位の水分を飲むことが効果的です。 特におすすめなのが麦茶。麦茶はミネラルも豊富なので水分と一緒にミネラルも摂ることができます。 さらに玉ねぎや納豆など血液をサラサラにするように働きかける食材を食事にとりいれるのも重要なポイントです。

また意外な食べ物が夏血栓の予防に役立つそうです。それはチョコレート。 チョコレートに含まれているポリフェノールの一種であるエピカテキンという物質が血管の収縮をつかさどる血管の内側の細胞『血管内皮細』にしみこみ活性化され血圧の上昇を抑える働きをします。

チョコレートは近年の研究で血圧を下げる働きがある事が分かり注目されていますが、チョコレートの種類はカカオの含有量が多いダークチョコレートが医学的に効果があると証明されています。 チョコレートはカロリーが高いのでくれぐれも食べ過ぎには注意してください。

4.夏血栓のまとめ♪
気温が32度を超える日が続き夏血栓の危険性が高まっているのがお解かりいただけましたか?最後に夏血栓や熱中症を予防するもう一つの方法をお伝えします。

夏血栓も熱中症も水分補給が欠かせませんが、一時的に水分を摂取しても全てが体に吸収される訳じゃないそうです。実は、体の中で水分を保存しているのは筋肉です。筋肉量が多い人は、水分を保存する量も多いというデータが公表されています。

逆に筋肉量が少ない人は、体内に水分を保存できる量が少ないため、摂取した水分が汗や尿で排出されていまい水分不足になりやすいのです。つまり普段からの筋肉トレーニングも体内の水分維持には欠かせない方法と言われています。

小まめな水分補給は勿論ですが、時間がある時は筋トレも行って夏血栓や熱中症を予防しましょう。



超簡単!ノンフライのヘルシーなゴボウチップスの作り方

NHKのあさイチで放送した保存ができて作っておくととても便利なゴボウチップスの作り方を紹介します。電子レンジを使って作るのでノンフライでとてもヘルシーです。

【用意する物】

  • ごぼう
  • クッキングシート
  • 耐熱皿

ゴボウチップスを作っていきましょう!

  1. 洗ったゴボウを薄切りします。
  2. クッキングシートをクシャクシャにして凹凸をつくります
  3. クシャクシャにしたクッキングシートを耐熱皿に広げてしきます
  4. その上に薄切りにしたゴボウを重ならないように並べます。
  5. 電子レンジ600Wで2分半温めます
  6. 一度取り出しゴボウを裏返してもう一度電子レンジに入れて2分温めたら完成です。

クッキングシートをクシャクシャにして凸凹にする理由は、水分を効率良く飛ばしてカラッと仕上げるためです。

また、ゴボウは焦げやすいので、電子レンジで温める時は様子を見ながら作ってください。

ゴボウチップスは香りもよく保存もでき、カレー粉やシナモンをかけて食べたり、サラダにのアクセントとしてのせたり、また、炊き込みご飯やみそ汁にもそのまま入れても使えるので便利です。

保存期間は密封できる保存袋や瓶に入れて常温で3か月保存できるそうです。その時、乾燥剤も一緒に入れておくと良いそうです。

低糖質の食事ならナッシュの宅配弁当がおすすめ!

実は最近、ナッシュの宅配弁当を食べ始めました。血糖値が高いので食事で糖質の摂取を控えるのが目的です。低糖質専門のナッシュは臨床試験で食事の効果を実証しているのでそれを参考にして決めたのです。

食べ始めるキッカケは・・・人間ドックです。

会社の健康診断で数値が悪かったので、2日人間ドックに行ってきました。

この機会に徹底的に悪いところを発見して、悪くならないようにしたいと思ったからです。

血液検査では、とくに注意が必要なの糖尿病だったからです。

血糖値が正常範囲よりも少し高いレベルだったのですが、肝臓や腎臓の数値が悪かった!

これは糖尿病の初期症状にとても似ていて、数値だけで判断するのでは手遅れになると

早めに警告してくれたという訳です。

それで2日間の人間ドックを受診したのですが、似たような結果が出てしまいました。

癌や腫瘍など大きな病気は発見されなかったものの、やはり糖尿病のリスクが高いので

今すぐにでも食事療法に取り組むように指摘されました。

そこで、別室に案内されと美人の管理栄養士さんが待っていました。

まずはヒアリングで、1週間の間に食べたものをリストアップします。

ハッキリと覚えていませんが、管理栄養士さんの誘導が凄いんです。

その日は、何をしたか?仕事でどこへ行ったか?

だれと一緒にいたか?何を食べたか?というように誘導尋問されると

1週間前に食べたものを次々と思い出します。こうして1時間ほどかけてリストを作ると

次は栄養士さんが、1つ1つ駄目出しをしながら、改善方法を教えてくれます。

それが細かいこと!ご飯の量から、食べ方までメチャメチャ細かいのです。

お弁当の場合は、揚げ物の衣をはがして食べましょう・・・嘘ですよね?

ところが急に口調が厳しくなります。

あなたの場合は、完全に糖尿病です。こんな食生活を続けていたら、

1年以内にインスリン注射が必要になる確率が高いんですよ?

このままでいいんですか?

もしインスリン注射が必要になったら、もう糖尿病から抜け出せなくなります。

今なら、まだ間に合うかも?いやいや遅いくらいです。

しっかりと自分がおかれた状況を理解して取り組んでくださいね。と叱られました。

家に帰ってからネットで調べると確かに管理栄養士の言う通りでした。

でも実際に何を食べていいか?

料理もしない僕には想像を超えた話なのです。

でも糖尿病なったら大変ですからね!

しっかりと食事を改善したいと思います。

そこで発見したのがナッシュという食事宅配サービスです。

納豆は食べ方で栄養が半減してしまう

納豆は、血栓を分解してくれたり予防してくれる働きに近年注目されています。

その栄養素は、ネバネバの部分に含まれるナットウキナーゼという酵素による働きなんですが、酵素は、熱に弱い性質なので、炊き立てのアツアツご飯の上にのせてしまうとナットウキナーゼ酵素が死滅してしまいます。

ナットウキナーゼ酵素は、70℃で死滅してしまうので、ご飯を少し冷ましてから納豆をのせるといいですね。ご飯の温度が43℃~48℃が一番おいしく感じるそうです。

また、ナットウキナーゼは胃酸に弱い性質も持っています。その対策として、納豆を良くかき混ぜましょう。

納豆を良く混ぜると、糸で出来た白いモコモコが出てきます。それは糖ダンパク質でそれを増やすことで、食べた時に胃酸からナットウキナーゼを守る役割をしてくれるそうです。