小林弘幸先生が考案したスペシャル味噌の作り方

味噌汁がゲンキで生活するために今注目されはじめているのをご存知ですか?

しかも、血圧の数値が高い人にもおすすめだというのです。

味噌汁を飲まない人と1日2杯以上飲む人の高血圧になるリスクを調べると、1日2杯以上飲む人の高血圧になるリスクが80%も低下するという研究データーも出ているそうです。

味噌汁を少し工夫するだけで、健康や美容に役立つみそ汁の作りかたを順天堂大学の小林弘幸先生がTV番組『世界一受けたい授業』に登場して解説していました。

これまで、みそ汁は塩分が高いと言われてきて、高血圧の人向きに減塩みそ汁など販売されているのに時間経過と共に色んな研究がされて、これまでとはちがった見解が出てきたりしますよね。

では、小林先生が考案したスペシャル味噌を紹介します。

みそ汁に入れるスペシャル味噌の作り方

  • 赤みそ(80g)・・メラノイジンが豊富。抗酸化作用がある
  • 白味噌(80g)・・・ギャバが豊富
  • すりおろした玉ねぎ(150g)・・・腸内環境を整えるオリゴ糖が豊富
  • リンゴ酢(大さじ1杯)・・・善玉のエサになるグルコン酸が豊富

【作り方】

  1. 玉ねぎはすりおろす。
  2. すりおろした玉ねぎに赤みそ、白みそ、りんご酢を加えて混ぜ合わせる。

製氷機に入れて冷凍すると、2週間くらい保存できる。1個当たり30gで1杯分になるそうです。

また、食事の時は最初にみそ汁を飲むことで、血糖値の上昇を抑える事ができるので、みそ汁から食べるようにするといいですね。

冷え対策に良いと言われている生姜の効果的な食べ方

女性の多くの方の悩みである冷え症。冷え性対策にオススメの野菜で良く名前が出てくるのが生姜です。その生姜の効果的な食べ方をTV【ゲンキの時間】を見ていたら紹介していたので書きとめました。

ショウガの辛みにはジンゲロールという成分が含まれています。この成分は殺菌作用が高く、食あたりを予防するために、お寿司のガリや焼き魚のはじかみなどで良く見かけます。

さらに、ピロリ菌も殺してしまうという論文もあるそうです。※ピロリ菌全てを除菌できるわけではありません。

このジンゲロールや香り成分はショウガの皮と身の間に含まれているので、生姜は皮ごと食べるのがオススメなんだそうです。生姜は、きちんと洗えば皮ごと食べられるそうです。

さらに効果的な食べ方は、調理する際に加熱するのがおすすめです。ジンゲロールは加熱するとショウガオールという成分に変わります。ショウガオールは胃腸の血行を促進させて熱をカラダの深部に蓄える働きをします。冷え性対策におすすめなんですね。

また、ジンゲロールやショウガオールは血管を広げる働きや悪玉コレステロールを減らす効果がある事が研究で分かっています。ですので、ショウガは生で食べても加熱調理してもどちらでもカラダにはうれしい効果が期待できるんです。

これから、さらに寒さが厳しくなってきます。毎日の食卓に薬味として生姜を取り入れるのもいいですね。

《この差って何ですか?》万能ねぎと小ねぎの違い

万能ねぎと小ねぎの違いについてTV番組『この差って何ですか?』で解説していました。

万能ねぎと小ねぎは全く違う品種のネギだと思っている方もいるかと思いますが、実はこの二つ同じ品種なんです。

小ネギは、緑の葉の部分の多いネギの若い時にとったもの。一方の万能ねぎは、小ネギの中でも福岡県の一部でとられているブレンドネギなんです。

なぜ、万能ねぎと言うのか?

昭和51年(1976年)に「福岡高級青ネギ」として出荷されますが、その時、関東では白ネギが人気で知名度がない小ネギは使い方が分からない為に全く売れな無かったそうです。

そこで、関東の方にも食べていただこうと言うことで名前を見直すことになり、青ネギだと緑色が多いネギだと思われてしまうので、生でも・煮ても・薬味でも食べれる「万能ねぎ」と言う名前にしたそうです。

もしも糖尿病になったら食事宅配サービスを使ってみよう!

会社の健康診断で数値が悪かったので、2日人間ドックに行ってきました。

この機会に徹底的に悪いところを発見して、悪くならないようにしたいと思ったからです。

血液検査では、とくに注意が必要なの糖尿病だったからです。

血糖値が正常範囲よりも少し高いレベルだったのですが、肝臓や腎臓の数値が悪かった!

これは糖尿病の初期症状にとても似ていて、数値だけで判断するのでは手遅れになると

早めに警告してくれたという訳です。

それで2日間の人間ドックを受診したのですが、似たような結果が出てしまいました。

癌や腫瘍など大きな病気は発見されなかったものの、やはり糖尿病のリスクが高いので

今すぐにでも食事療法に取り組むように指摘されました。

そこで、別室に案内されと美人の管理栄養士さんが待っていました。

まずはヒアリングで、1週間の間に食べたものをリストアップします。

ハッキリと覚えていませんが、管理栄養士さんの誘導が凄いんです。

その日は、何をしたか?仕事でどこへ行ったか?

だれと一緒にいたか?何を食べたか?というように誘導尋問されると

1週間前に食べたものを次々と思い出します。こうして1時間ほどかけてリストを作ると

次は栄養士さんが、1つ1つ駄目出しをしながら、改善方法を教えてくれます。

それが細かいこと!ご飯の量から、食べ方までメチャメチャ細かいのです。

お弁当の場合は、揚げ物の衣をはがして食べましょう・・・嘘ですよね?

ところが急に口調が厳しくなります。

あなたの場合は、完全に糖尿病です。こんな食生活を続けていたら、

1年以内にインスリン注射が必要になる確率が高いんですよ?

このままでいいんですか?

もしインスリン注射が必要になったら、もう糖尿病から抜け出せなくなります。

今なら、まだ間に合うかも?いやいや遅いくらいです。

しっかりと自分がおかれた状況を理解して取り組んでくださいね。と叱られました。

家に帰ってからネットで調べると確かに管理栄養士の言う通りでした。

でも実際に何を食べていいか?

料理もしない僕には想像を超えた話なのです。

でも糖尿病なったら大変ですからね!

しっかりと食事を改善したいと思います。

そこで発見したのがナッシュという食事宅配サービスです。

口コミの評判も上々です。興味のある方は・・・

ナッシュ(nosh)の口コミ広場@食事宅配サービスを購入から食べた感想まで徹底レポートをご覧ください。

氷酢玉ねぎの作り方

ここ、数年で注目される食材の代表となった酢と玉ねぎ。
お酢には、疲労回復や中性脂肪を減少させて代謝を高めたり血糖値の上昇を抑える働きに期待されています。

玉ねぎには、血液をさらさらにして動脈硬化を予防したり血液を下げる働きが期待されています。

この2つを食べることで相乗効果で血管に良い働きが期待できるんです。そこで今注目されているのが玉ねぎとお酢を使った新しい調味料氷酢玉ねぎです。

玉ねぎをミキサーにかけてピューレ状にしてそこにお酢を入れて凍らせる。それをいろんな料理に入れることで料理は美味しくなり、身体は健康になり良いことばかり!早速作って毎日の食事の取り入れましょう。

【材料】

  • 玉ねぎ・・・大き目を2個
  • ハチミツ・・・100ml
  • 酢・・・150ml

玉ねぎはミキサーに入る大きさに切って、材料を全てミキサーにかけてピューレ状にします。それを製氷皿に入れて凍らせるだけ。凍らせた氷酢タマネギを1日75g食べる。大体1ブロック25gなので3ブロック食べるのが目安。

こんな料理に入れると美味しい!

  • カレー4人分の中に3ブロック入れる。
  • ハンバーグの玉ねぎの代わりに入れる。
  • 味噌汁一人前1ブロック入れる。
  • 氷酢玉ねぎをドレッシングの材料として使う。
  • 酢豚
  • 豚のショウガ焼き

私は、カラダに良いことは分かっていてもお酢のニオイが苦手なんですが、今紹介した料理に入れるとツーンとした酢のニオイがなく美味しく食べれるのでこれなら継続できそう!だと実感しました。皆さんもぜひ試してみてください。